ikoma’s diary

ラクガキ大好きのんびり新米マタニティママのblog

これから産まれてくる我が子に教わったこと

こんにちは!イコマです。

 

あと2日で出産予定日っ!!!

f:id:ikomayuya:20190312110324j:image 

マタニティライフも39w5dとなりました!

ここまでいろいろとありましたが

母子ともに順調でございます😊✨✨

 

もうすぐ出産!とゆことで

妊婦なわたしの気持ちを

今後の自分が忘れないようにと!

少し書かせていただきます🙇‍♀️

 

 

 

そう

 

 

今、妊娠発覚から思い返すこと。。

我が子を授かって

改めて学んだことがあります

 

 

 

そういえば…

仕事をしていた頃の私と言えば…

 

妊娠前のイコマは朝から晩まで仕事漬けの

普通の働く女性でした。

 

今だから少しこぼしますが、

 

朝から晩まで職場にいることは当たり前で…

 

遅いときには深夜2時になることも多々ありました。

 

そんな時間に追われるイコマは恥ずかしい事に毎日ヘトヘトで、朝のバス出勤のときは

座れる事で貴重な自分の時間を作ったりとしていました。

 

当時住んでいたバス停からは

だいたい空いていることの方が多く、

いつも一番後ろの奥の席に座っていました。

 

しかし、終点のバス停に着く頃にはお年寄りで車内は混み混み。

 

バスの中は朝から楽しげな会話まで飛び交ったりしていました。

 

しかしイコマは

 

立っているご老人のことなんかこれっぽっちも考えてませんでしたし、一番後ろの奥の席だったので譲るも譲れない。(というか、譲る気なんてなかったです。)

 

『むしろお年寄りは立って足腰鍛えた方がいいんじゃない?』と思う嫌なヤツでした。

 

その脳裏には

『私はお年寄りが使う税金を毎日必死こいて稼いでんのかー。。しかもそのお年寄りのせいで自分が座れない時があるとかほんとないわ…自分は毎日仕事して疲れているんだから座って当然。』

 

こんなことを思うイコマは譲る気なんて毛頭ありませんでした。 ほんと最低ですみません。。

 

今の時代、素晴らしいことに元気なお年寄りが多いですが、

しかし、若者への負担も増える一方な世の中です。

 

なのでイコマは本当にお年寄りが嫌いでした。

 

できるかぎり、これからの日本を作る妊婦さんや、お子さん、働く若者たちが優先される世の中になればいいのに…と、バスに乗るたび考えていました。

 

妊娠してからの私

 

もともと9月で退職を考えてたイコマは

昨年2018年7月に妊娠が発覚し、それから出勤スタイルをガラリと変えました。

 

10月、11月は社員業務からパートに切り替え

出勤日数も週2、3日に。職場も自宅近くへ異動をし2、30分で出勤できるようになりました。

 

そのおかげもあり、自宅で主婦業務を余裕をもって出来るようになりました。

 

妊娠7、8ヶ月くらいになると

街を歩いていても妊婦とわかるくらい

我が子も大きく成長し、近所の商店街を歩く色んな人たちにやさしい声をかけてもらいました。

 

 

その多くは年配の奥さまや、

年配のおじさまでした。

 

 

 

自分の小ささを知りました

 

赤ちゃんが元気に育っているという

日々の自分の身体の変化を感じながら

嬉しさと、楽しみ。

反面に戸惑い。恐怖。

ふつうにしていた事が出来なくなった。

という不安もありつつ、

8ヶ月を過ぎるとひとりで買い物に行くのもなかなか大変だなぁ。と思うようになってきました。

 

そんなここ最近の出来事です。

バスに乗り、近くの駅に行った時のことでした。

 

いつものようにバスは混み混み。

お年寄りも多く乗っていたので、『まぁ仕方ないか』と思い、手すりにつかまりました。

 

すると

優先席の方から

『あなた、座って座ってっ』と私の腕の裾をピンっと引っ張られる感じがしました。

 

見るとご老人夫婦が私に席をあけてくれているではありませんかっっ

 

おじさまは杖を持って座っておりました

奥さまはリュックを背負った登山スタイル

 

 

『旦那はあれだけど、アタシは元気だから!あなた座って〜!(^^)』と、奥さま。

 

ご老人夫婦は笑顔で席を譲ってくれたのです!

 

私は有り難く席に座らせていただきました。

本当にお心づかいが嬉しくて。マスクの下は鼻水と涙がジワジワと…。

 

ご老人夫婦はにこやかに

『身体、大切にしなきゃね^ ^ 元気な赤ちゃん産まれますように^ - ^ママ頑張ってね』

と優しい言葉をたくさんかけてくれました。

 

このご夫婦だけではなく、

バスに乗るたび

年配の方々に本当にお世話になりました。

 

『偉いね』とか『ありがとう』とか

『頑張ってね』

『ママと赤ちゃんが元気でいられますように』

など。

本当に優しい言葉をたくさん、たくさんかけてもらいました。

 

 

自分はなんて心の小さい人だったんだろう。

譲りたくても譲れない人もいるということ。

 

なぜ気づかなかったんだろう。。

 

今まで老人なんて立ってればいい!

という考えが

心から恥ずかしいと思いました。

 

そんな時にお腹で

愛らしくモゴモゴと動く我が子。

 

 

そうか、教えてくれたんだね。

 

人って実際になってみないと

わからないことたくさんあるんだなと。

 

今こうして出産間近で

我が子が元気に成長してること。

 

優しく見守ってくれた方々のおかげだなぁ。。と感謝の気持ちでいっぱいです

 

間も無く出産をむかえますが、

妊娠期間中、刺々しい考えを持った自分が浄化された大切な時間でもありました。

 

きっと身籠もらないとわからなかったり

変わらなかったことだと思います。。

 

こうやってもっと

母として、人として

成長していこうと。

 

前向きに考えさせられました

 

f:id:ikomayuya:20190312110620j:image

はやく一緒にお外でお散歩いっぱいしようね!

 

むすこ!出産頑張るぞっ😂🙌✨