ikoma’s diary

ラクガキ大好きのんびり新米マタニティママのblog

判断力を鈍らせる笑顔

こんにちは。 主婦ブロガーのイコマです。

 

突然ですが

最近笑っていますか?

 

f:id:ikomayuya:20181202153409j:image

 

笑う事、笑顔って良いとよく言われていますよね。

 

きれい事だよー。

と、鼻で笑う方もいると思いますが

 

笑顔でいると徳です

 

じゃあ何故笑う事、笑顔って良いと言われているのでしょうか。

 

笑顔がもたらす効果とは?

 

 

向けられた笑顔について

人から笑顔で挨拶をされるとなんだか気分が嬉しく、楽しくなる事はありませんか?

 

少しピリピリしている時に、誰かに優しい笑顔で『大丈夫?』と心配されると

少し気持ちが落ち着く時があります。

 

この時の脳は快楽ホルモンのドーパミンが分泌されて幸せな気分になれると言われています。

 

笑顔で判断力が鈍る?

ご機嫌をとるときって笑顔を使いませんか?

 

何かをおねだりしたり、仲直りしたいとき、元気になってもらいたいとき…etc.

 

先ほど出てきた快楽ホルモンのドーパミン

 

このドーパミンが増えると実は判断力が鈍ると言われています。

 

例えば、物を売る営業マンやテレビショッピングの人。

とてもオススメトークがうまいですよね

トークの仕方もオススメのポイントを伝えるのも、もちろんスゴイのですが

 

必ず共通で行なっている事があります。

 

それは笑顔です。

 

笑顔を絶やさないことで相手(見ている人)の判断力を鈍らせているとも考えられています。

 

それはプライベートでも同じで、

先ほどのご機嫌を取るときに行うことと一緒です

 

 

ご機嫌をとる。判断力を鈍らせる。

というと悪いようにも聞こえてきますが

 

笑顔で相手と向き合う事によって

笑顔を向けられた相手は快楽ホルモンのドーパミンが分泌されて幸せな気持ちになれる。

 

嫌だった気持ちが笑顔を向けられた事によって軽減し自然と笑顔が出る。

 

そんな笑顔を見て自分も嬉しい気持ちになります。

 

 

こんな風に思うと笑顔って日常には欠かせないのかな。と考えています

 

最近笑ってないな。

と思ったら自発的に笑顔を出してみましょう♡